ニュース 和束町

京都府和束町に星野リゾートが進出!絶景茶畑を活かした宿泊施設に!?

投稿日:2018年4月27日 更新日:

和束町に星野リゾートができるって!!?

今年の1月、そんなニュースが飛び込んできました。

キョン
エエーーーー!!さすが和束!

和束町は宇治茶の生産NO.1を誇り、絶景の茶畑が美しい町です。

和束町の茶畑

そして、あの星野リゾート!!

リゾートホテルや温泉旅館やスキー場を運営だけでなく、経営難の旅館の立て直しもしています。その土地の文化を生かしたおもてなしや、グランピングなど流行を取り入れるなど、そこでしかできない体験がとても人気!実際に、私も1度泊まったことがありますが、上質で、変わった体験もでき、また行きたいなぁと思っています(…お金があれば;苦笑)

一体、和束町にどんな施設が出来るのでしょうか?調べてみましたよ〜〜!

スポンサーリンク

いつできる?星野リゾート

計画が明らかになったのが今年1月30日。

星野リゾート・星野社長と和束町の堀町長、仲介役を担った京都府山田知事が協定書を結びました。まだ施設規模や開業時期は未定ということです。

現在、近畿地方には、京都嵐山の「星のや京都」、比叡山の「ロテルド比叡」の2つがあります。現在、大阪・新今宮にシティホテルを建設中。このオープンが2022年予定なので、和束の施設はそれよりも遅い時期かなと考えられます。

星野リゾートが和束町に!

どんな施設ができるの?

会見での星野社長の言葉です。

和束町には観光客の興味を引く強いテーマと、それに合った美しい景観がある
お茶は日本文化の重要なコンテンツ。和束町は美しい景観を守っており潜在的な可能性は高い

と話されており

茶畑 と お茶

をテーマに作りこんでいくようです。

お茶がテーマと言うと、星野リゾートでは静岡の「界 遠州」があり、お茶のブレンド体験などもありますが、今回は「生産地である茶畑のある町」での開業ということで、よりお茶にフォーカスするのではないでしょうか。

事業の方向性としては

景観を重視することは大切なので、大規模な施設はふさわしくないと思っている

と、しています。

キョン
茶畑の見える山の中にひっそり佇む感じかなぁ〜?

また

京都市や大阪市に集中している宿泊客の消費を地方に分散させることで、雇用を生んだり、人口減少に歯止めをかけたりするのも観光産業。具体的に貢献できる施設を造るのが私たちの役割
オープンに町のみなさんと話していける環境をつくり、この町で長期的に持続可能な観光を伸ばしていきたい

と語られ、地域に根ざした観光を作る意向を感じました。

スポンサーリンク

和束町ってどんなところ?

和束町は人口4,000人ほどの町です。

場所は京都府南東部。滋賀県信楽に接しており、奈良にも近い地域です。

【大阪からのアクセス】
天王寺からJR大和路線で終点の加茂駅まで1時間ほど。加茂からは和束町行きの奈良交通バスに乗車。

【京都からのアクセス】
JR奈良線で木津駅まできて、JR大和路線に乗り換えて加茂駅へ。こちらも1時間ほど。加茂からは和束町行きの奈良交通バスに乗車。

ママ友
都会からもアクセスしやすい田舎だね〜

また関西国際空港や伊丹空港からは奈良駅直通のバスが出ています。奈良から加茂までは電車1本で行くことができ20分弱で到着!アクセスのしやすさも兼ね備えた、自然豊かな場所といえます。

キャッチコピーは「茶源郷 和束」

茶畑をドローンで写した動画がこちら↓↓

すごいでしょ!!?

和束町は桃源郷ならぬ、茶源郷と命名し、アピールしています。

主産業であるお茶は、宇治茶の生産量1位を誇り、主に煎茶と抹茶が作られています。また地域の名が出ない「宇治茶」ではなく、「和束茶」として独自のブランド化も図ってきました。

星野リゾートが魅力を感じた茶畑!なんと和束ではお茶の生産は鎌倉時代に始まっており、歴史とともに広がっていった広大な茶畑景観はまさに圧巻!

その美しさから文化庁の日本遺産に認定され、「日本で最も美しい村連合」にも加盟しています。

お茶以外にも松茸やトマトが特産品としてあり、もちろん山なので山菜も豊富!

茶畑は外国人にも人気の観光資源

和束町の茶畑

最近では外国人観光客を多く見かけますが、和束町では早くから、お茶摘み体験や研修などで外国人に参加してもらう窓口を作ってきました。

生産現場に触れたり、お茶工場でお茶ができる過程をみたり…より深くお茶に触れることができる体験ができるのは和束町ならでは観光資源となるでしょう。

また難しいかもしれませんが、隣の宇治田原町では玉露の生産が盛ん、宇治へ行くと茶問屋が多い地域なので、和束町だけでなく周辺もからめて何かできると面白いのではないかなぁと思います。

京都府南部の活性化へ

和束町の茶畑

京都府南部の観光地といえば宇治。それ以外は住宅地か農村風景の広がる地域です。

正直、「一つ上の上質な体験」ができる場所はほとんどありません。宿泊施設も少ないのも現状です。

星野リゾートの開業は今までにない、新たな客層が足を運んでくれるきっかけになりそうです。

また2023年には和束町に隣接する宇治田原町に新名神高速道路のICがオープン予定。城陽には京都初のアウトレットがオープン!と、賑やかな話題が増えてきました。京都府南部地域の活性化に期待です!

キョン
このブログもこれから充実させて活性化に貢献しますよ〜

↓↓アウトレット情報はこちら!!↓↓

城陽のアウトレットはいつ・どこにオープン?予定地を地図で解説!

最近では滋賀の竜王にできたので、京都府民でも近く感じるようになったアウトレット。 関西には他にも大阪鶴見の三井アウトレットモールやりんくう・神戸三田のプレミアムアウトレットがあります。 それが!! 京 ...

続きを見る

↓↓山城地方がアウトドアの聖地に?ロゴスランドオープン!↓↓

ロゴスランドが京都城陽にオープン!夏休みにおすすめ!

ここ数年、アウトドアブームが来ていますね。 京都では南丹市のるり渓に グランピングができる施設・GRAX(グラックス)がオープンし、話題となりました。 そう、京都の南部・山城地域といえば、笠置町のキャ ...

続きを見る

↓南山城村にもホテル建設!?

京都・南山城村の道の駅にホテル建設!?いつ・どこにオープン?

2018年11月28にこんなニュースが飛び込んできました! 「外資ホテル・マリオットと積水ハウスが日本各地の道の駅にホテルを建設」!! 京都ではなんと3軒の道の駅の名前が上がっており、京都府南部では南 ...

続きを見る

-ニュース, 和束町
-

Copyright© 京のした , 2019 All Rights Reserved.